いつまでも綺麗な肌と言われるように

いくつになっても綺麗な肌と言われたい女性の願いをサポートするスキンケアの知識
MENU

加齢に勝つにはお金がかかる

日常のスキンケア方法

私は70代ですが、ここ数年日常的には化粧をしていません。

 

加齢によるシワ・たるみ・シミ・くすみは、当然ありますが、半分は開き直っているのです。

 

70代でこの程度なら「まあまあ許せるんじゃない」という自己満足なのですが、同年代で綺麗にメイクアップしている人には感心しています。

 

でも、一度でも完全なメイクで満足してしまったら、メイク無しでは外出もできないのでしょうね。

 

本当に自分に満足している人が、どのくらいいらっしゃるのかは別にしての話ですが…。

 

肌は遺伝的な要素も大きいのではないか、と考えています。

 

母は色白のもち肌でしたから、高価な美容化粧品は使用していませんでした。

 

昔からのクレンジングとクリームだったようです。

 

今使っているのはこれ

私は母似の肌質らしく、母ほどには白くはありませんが、オークル系の肌色で少し黄味がかっているみたいです。

 

娘は夫の血が濃いのか、濃いオークル系の肌色で脂性ですから、常におでこはテカッていますし、ニキビにも悩んだ時期もありました。

 

自分で働いて自分の為にお金も使えますから、割と高価な美容化粧品を使用しています。

 

私も以前は働いて自分のお金が使えるときは、それなりの基礎化粧品を使っていました。

 

現在只今は年金生活ですから、安くて効果的な基礎化粧品を見つけて使用しています。

 

化粧水は「豆乳イソフラボン」美容クリームは「スペクタル リンクル クリーム」だけですが、素肌を褒めてくださる方もいるので、今は満足しています。

 

スキンケアのコストを下げるためにオススメなのがオールインワン化粧品

 

オールインワンと言えば「もの足りない」のが常識でしたが最新のものはライン化粧品に匹敵する効果を秘めています!

 

イマイチな印象をお持ちの人ほど最新のオールインワン化粧品を試して見るべきでしょう。

 

コストを合わせてスキンケアに掛ける時間も大幅に減らせるので手放せなくなりますよ。

 

おでこのニキビに困っています

わたしは四十代だというのにおでこにニキビができて困っています。

 

三十代の時にはおでこにニキビなどできたことがなかったというのに、四十代で突然のようにニキビができはじめたのは、もしかしたら更年期障害のせいかもしれないと思っています。

 

 

更年期障害が四十代になって出てきました。

 

なんとなく身体がだるくなりいくら寝ても寝足りなくなり、朝起きられなくなったり、月経が不順になったりと…まだまだ身体の変化はありますがこれらがすべて更年期障害の症状なのです。

 

 

更年期障害の症状が無くなることはないかもしれませんが、「その症状に苦しんでいる間おでこに出来るニキビにも悩まされるのは困るな…」と思っています。

 

それでもおでこにニキビができたまま放置しておくこともできないので、せめておでこに髪の毛が当たらないように髪型を工夫しています。

 

 

前髪がおでこに当たっていないことでニキビ治療薬が取れないですし、そのぶんニキビは見えてしまってなんとなく恥ずかしいですが、それしかおでこのニキビを早く直す方法がないので、今は仕方なくそうしています。

 

究極のオールインワンコスメ「お得なメディプラスゲルの通販

このページの先頭へ